真っ直ぐに育てるキュウリの育て方~温度や湿度にも注意しよう~
ロゴ

季節に応じた育て方【キュウリにも防寒対策が必須】

真っ直ぐに育てるキュウリの育て方~温度や湿度にも注意しよう~

きゅうり

苗を枯らさない育て方のポイント

苗を枯らさないキュウリの育て方のポイントは「適切な水の量」です。キュウリは多くの水分を必要とする野菜です。苗が根つくまでに水切れを起こして枯れてしまうケースや、急な寒の戻りなどで枯れてしまうケースがあります。また、キュウリには必要である苦土石灰も与えすぎると、アルカリ性に偏りすぎて枯れてしまう要因の一つとなります。水や肥料は常にキュウリにとって適量を与えるように心がけ、寒の戻りの寒さや霜の被害はビニールキャップなどで防寒対策をしてキュウリを守ってあげましょう。また、根が詰まりすぎてもキュウリは枯れてしまいます。苗を植えるときは適度な感覚を開けて植え替えると後々枯れる心配がなくなります。

植物

キュウリが曲がってしまう要因

キュウリを育てるなら曲がらずにまっすぐ育つ育て方をしたいものです。キュウリが曲がる原因はいくつかあります。まず「キュウリが育つ適温よりも高温だったり低温だったりした場合」です。気温のバランスが崩れるとその日その日のキュウリの成長にバラツキが出て結果的に曲がったキュウリになるようです。気温だけでなく栄養は水分のバランスも悪いとキュウリはまっすぐ育たなくなります。株そのものが枯れても曲がってしまいますし、ネットにひっかかって曲がってしまったり、他のキュウリとぶつかってまっがってしまう例もあります。キュウリを育てる際は水も栄養もバランスよく、気温もなるべく均衡に保つよう手をかけて育ててあげましょう。

一般的なキュウリと白キュウリの違い

白キュウリとは

キュウリとは基本緑色ですが、皮も中も真っ白なキュウリが存在します。珍しいキュウリですが、育て方は簡単でプランターでも育てることができます。

一般的なキュウリと白キュウリの違いとは

一般的なキュウリは緑色で白なり黒なりのイボがついていますが、白キュウリはとにかく真っ白です。味は青臭さがなく食感がいいのでサラダなどに向いています。