給湯器

急な故障も慌てず対処|給湯器の取り付け工事は専門業者に頼もう

初期費用の安さが魅力

給湯器

活用するメリット

給湯器には、大きく分けてガス給湯器と電気給湯器があります。それぞれメリットデメリットがあり、住んでいる地域により使える物も変わってきます。ガス給湯器のメリットは初期費用が安いことと、パワフルに使えることです。ガス給湯器の初期費用は高いものでも20万円程度であり、安いものだと10万円ほどです。そのため、引っ越し直後など費用を抑えたいときにはおすすめです。また、家中でお湯を使うことになっても、水圧が下がらず、パワフルに使用することができます。ガス給湯器ならば必要な分のお湯が即座に出てくるのも大きなメリットです。デメリットとしては、ランニングコストは電気給湯器よりも高いという点、本体の寿命が短い点などがあげられます。一方、電気給湯器のメリットは、ランニングコストの安さです。割安な深夜料金を利用して給湯しておけるので、月々の電気代は1000〜2000円ほどですみます。本体の寿命が長いのもメリットといえます。デメリットとしては、初期費用が高価であるということ、パワフルさに欠けるということなどがあげられます。また、寒冷地では使用できないこともあります。目的や予算により選び分ければよいですが、初期費用の安さやパワフルさなどのメリットがありガス給湯器の方が設置数としては上です。寒冷地でも使える点や安定して使える点に魅力を感じる人が多いです。近年はランニングコストを安く抑えたガス給湯器も登場しているため、そちらを選ぶ人も多くいます。